Back

SONG SEUNG HEON

News


【翻訳】チュ・ジフン、ジャンルを問わず大活躍!

2021年10月20日


(写真:KBS 1TV『KISS THE UNIVERSE』、ASTORY)

チュ・ジフンがドラマやドキュメンタリーなどジャンルを選ばない歩みで、大衆にさらに近づいて行きます。出演作品を興行に導き「(演技を)信じて見る俳優」として注目されているチュ・ジフンは、多くの応援に応えるように多方面で活発な活動を予告し、注目を集めています。

まず、チュ・ジフンはデビュー後初めてドキュメンタリージャンルに出演します。来る21日(木)、韓国にて初放送を控えたKBS 1TV企画番組『KISS THE UNIVERSE』のプレゼンターとして出演します。『KISS THE UNIVERSE』は既存の形式を超えた体験型ドキュメンタリーとしてお茶の間を訪ねる予定です。

チュ・ジフンは音声だけで説明するプレゼンターではなく、神秘的な宇宙を案内するガイドの役割を果たす予定です。ARテクノロジーとビデオウォールなどの先端技術を使用して表現された宇宙を、生き生きと感じられる特別な体験を提供することはもちろん、宇宙の深い魅力を伝えるストーリーテラーとしても活躍し、見る人を集中させる見込みです。

実際にチュ・ジフンは製作陣と絶えず疎通し、『KISS THE UNIVERSE』への大きな愛情を見せたという裏話があります。プレゼンターとして会議に参加し、複数のアイデアを提案するなど、番組の完成度を高めるために努力したそうです。このような彼の姿に視聴者の期待感も高まっています。

これだけではなく、チュ・ジフンはtvN 15周年特別企画『智異山(原題)』を通して本業である俳優としても帰ってきます。全世界的に「K-ゾンビ」の熱風を巻き起こした『キングダム』シリーズのキム・ウンヒ作家と再会した『智異山(原題)』で、どのような演技を披露するか期待が最高潮に達しています。劇中チュ・ジフンは秘密を抱えた新入レンジャーカン・ヒョンジョ役を演じ、視聴者の前に出る万全の準備を終えました。

先がけて公開されたハイライト映像からわかるように、すでにチュ・ジフンはキャラクターそのものになりました。覇気が感じられながらもどこかとぼけた新人レンジャーの姿、関心を高めるミステリーな姿など、ドラマの雰囲気を瞬時に変える彼の演技力は、すでに多くの人々の心を掴んでいます。

さらに、チュ・ジフンの躍動感あふれるアクションも一つの観戦ポイントとして挙げられています。崖からロープに乗って下降する姿、智異山を襲った災害の中で遭難者を救うために緊迫した様子で走り抜けるなどのアクションは緊張感を一層高めます。このように全身で情熱を表現するチュ・ジフン。彼の新しい人生作の誕生を知らせた『智異山(原題)』は来る23日(土)韓国にて初放送されます。

チュ・ジフンの疾走が続いている中、お茶の間を訪れる彼の多彩な姿に歓声があふれています。

引き続き、チュ・ジフンへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

News一覧へ戻る

TOPページ