Back

SONG SEUNG HEON

News


【翻訳】チュ・ジフンと旅立つ宇宙ピクニック『KISS THE UNIVERSE』

2021年09月30日


(写真:KBS1TV『KISS THE UNIVERSE』)

「僕と一緒に、宇宙ピクニックに行きませんか?」『KISS THE UNIVERSE』のプレゼンターチュ・ジフンがリアルな宇宙体験を約束しました。

韓国にて10月21日(木)の初放送を控えたKBS 1TV企画番組『KISS THE UNIVERSE』にプレゼンターとして参加したチュ・ジフンは、宇宙旅行ガイドとしての役割の説明と、既存のドキュメンタリーと『KISS THE UNIVERSE』の違いを説明する時間を持ちました。

この日チュ・ジフンはパク・ジウォンKBSアナウンサーとのインタビューで、「日頃からドキュメンタリーが好きでしたが、誰もが知りたい、行ってみたい宇宙を扱うことに大きな興味を感じました」と、初のドキュメンタリーとして『KISS THE UNIVERSE』を選択した理由を明らかにしました。

続いてチュ・ジフンは『KISS THE UNIVERSE』と既存のドキュメンタリーとの大きな違いとして「テクノロジーとドキュメンタリーの出会いを通じた、新たな形式と挑戦」を挙げました。

『KISS THE UNIVERSE』は望遠鏡で観察するような従来の平面的な宇宙映像を越え、直接火星の地に足を踏み出し、隕石の衝突による大絶滅などを、まるで実際に感じるような体験型ドキュメンタリーです。

これについてチュ・ジフンは「リアルさがあふれる拡張現実(AR)技術と、圧倒的な大きさのビデオで表現されたスペクタクルな映像は、視聴者が直接宇宙に行ったような新鮮な体験を提供するでしょう」と話し期待を高めました。

チュ・ジフンの撮影現場に同行していたマネージャーも「こんなにも撮影を楽しむのは初めて見ました」と驚いていたそうです。

撮影当時の記憶を思い出したチュ・ジフンは「これまでCGを使用した映画やドラマをたくさん撮ったので慣れていると思いましたが、AR撮影は全く違いました」と話し「リアルタイムでモニター越しの宇宙の姿を確認しながら撮影してみると、より本物のように感じました」と話し、満足げな表情を見せました。

最後にチュ・ジフンは「宇宙は真っ暗で未知の世界なので怖いかもしれないですが、僕が隣で話し相手になります」とお茶の間で旅立つ宇宙旅行に招待し、『KISS THE UNIVERSE』の初放送をさらに楽しみにさせました。

一方、KBS 1TV企画番組『KISS THE UNIVERSE』は、数々のドキュメンタリーを生んできたKBSが制作する新しい宇宙3部作ドキュメンタリーとして、直接行くことができなかった想像の中の宇宙空間を臨場感あふれる映像で再現し、視聴者を「宇宙」の魅力にとっぷりはまらせる予定です。

俳優チュ・ジフンのプレゼンター出演で大きな話題を集めているKBS 1TV企画番組『KISS THE UNIVERSE』は、韓国にて10月21日(木)に1部「地球最後の日」を皮切りに、10月28日(木)に2部「火星の人類」、11月4日(木)に3部「コスモス・サピエンス」が放送されます。

引き続き、チュ・ジフンへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

News一覧へ戻る

TOPページ