Back

SONG SEUNG HEON

News


【翻訳】チュ・ジフン、映画『ジェントルマン(原題)』出演確定!

2021年07月16日


(写真:H&Entertainment)

wavveオリジナル映画『ジェントルマン(原題)』の主演にチュ・ジフンが確定し、8月から本格的な撮影に入ります。

『ジェントルマン(原題)』は、見栄っ張りな興信所の社長チ・ヒョンス(チュ·ジフン)が、殺人の濡れ衣を晴らそうとして巨大な事件に巻き込まれる軽快な犯罪娯楽物です。1週間以内に濡れ衣を晴らすため、検事のキム・ファジン(ハン・ソヒ)と協力し、自ら被害者を探し回る迫力溢れるストーリーを描きます。

主演俳優たちの新鮮な組み合わせは、ファンの期待を一層高めます。『工作 黒金星と呼ばれた男』、『暗数殺人』、『神と共に』シリーズなどで大活躍してきたチュ・ジフンが興信文化センターを運営する社長チ・ヒョンス役を演じ、『夫婦の世界』、『わかっていても』などでスターになったハン・ソヒがエリート熱血女検事キム・ファジン役を演じます。

『アーティスト:生まれ変わる』で評論家たちの注目を集めた新鋭監督のキム・ギョンウォン監督がメガホンを取り、制作会社は『TRICKSTER』、共同制作会社はH&Entertainmentです。

wavve映画投資ファンドの初投資作『ジェントルマン(原題)』は、韓国で来年5月に映画館で上映された後、wavveを通じて月額独占映画として配信される予定です。

引き続き、チュ・ジフンへのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。

News一覧へ戻る

TOPページ